衛生面からウォーターサーバーを選ぶ

特別に気にする必要がないほど、各メーカーそれぞれ厳しい基準をクリアできた水が出荷されています。
ただどんな人であっても安心して飲用したいと考えるはずです。



水の品質はもちろん、ウォーターサーバーを導入した後のメンテナンスも気になるでしょう。

衛生面から製品を選ぶのも間違いではありません。

まずメンテナンスから見ていきましょう。

ウォーターサーバーの種類によっては、クリーン機能が付いている製品もありますので、ボタンひとつを押すだけで内部の洗浄をすることができます。

また多くのメーカーが使用期間が2年ほどと定められており、それを経過したら新しいサーバーが届けられることが多いです。

外部のメンテナンスにも目を向けましょう。蛇口付近、取り付ける場所、受け皿は特に雑菌が繁殖しやすい場所になります。



また内部メンテナンスほど掃除をするのは難しくなく、利用者がアルコールを引き付けた布などで拭きとるだけでも十分に衛生状態を保つことが可能です。



どんなウォーターサーバーでも外部メンテナンスは必要になりますので、意識的に行うことをおすすめします。

ガロンタイプのウォーターサーバーは、水を注いだ時に空気が入ってきますので、そのような光景を見ると不衛生に感じる人もいるでしょう。


そのような潔癖症の方は、ワンウェイタイプのウォーターサーバーを求めることをおすすめします。

外部から空気が侵入しない構造になっており、新鮮のまま水を楽しむことができます。