赤ちゃんに適しているウォーターサーバーとは

赤ちゃんの口に入るものは、大人が食べるもの以上に気を配っていきたいと考える保護者にとって、安全な水を確保することができるウォーターサーバーは需要が高まっています。

ウォーターサーバーの水質には、天然水とRO水の2タイプがあります。


このうち赤ちゃんに適しているものがどちらのタイプなのかというと、RO水の方となります。



天然水はミネラル豊富で美味しいですし、栄養がたっぷりで健康にもいいのですが、もし赤ちゃんにも飲ませたいならばRO水の方に切り替えなくてはいけません。
なぜ天然水ではだめなのかですが、これには赤ちゃんの体に関わる理由があります。

赤ちゃんの体は大人に比べてとてもデリケートですから、大人が飲んでも問題ないものであっても赤ちゃんにとっては有害であることも多いです。

つまり、天然水のミネラル成分が赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうのです。



その一方、RO水の方は特殊なフィルターの力で99パーセント以上の不純物を遮断してくれますから、限りなく安全性の高い水になっています。


塩素などの薬品を一切使っていないうえ、放射能物質まで除去するすることまで可能なので、内臓がデリケートな赤ちゃんにも安心して飲ませることができるのです。

ですから、もしウォーターサーバーを買う場合は乳幼児がいる家庭の場合はRO水を作れるものにした方がいいのです。


成長してからは天然水を飲めるものに切り替えていくという方法でも構わないでしょう。