ウォーターサーバーはメンテナンス料金なども見るべき

ウォーターサーバーを選ぶ際には、水代やサーバーレンタル料だけではなく、メンテナンス費用や解約料など、付随的なコストについても把握しておくようにしましょう。


出ないと、あとで出費が出た時にいやな思いをすることになります。メンテナンス費用とは、ウォーターサーバーのメンテナンスにかかる費用です。

ウォーターサーバーは電化製品であり、コック屋ボトル口が汚れることもあります。


飲用に使用するため、汚れがある状態で使うのは不衛生です。

そのため、定期的にメンテナンスが必要になります。
これは、業者ごとに期間が異なります。また、無料でやっているところもあります。



かかる場合は、年間で5000円ほどが目安です。



解約料は、一定期間内に解約をする場合にとられる手数料です。



契約期間は、半年から3年程度としていることが多く、それ以内に解約すると5000円から15000円程度の解約手数料を取られます。

もともとウォーターサーバーは設置料金が無料であったりと安く、メーカーはボトル代で利益を取る仕組みになっています。

そのため、短期間で解約されてしまうと利益にならないため、このような仕組みとなっています。


レンタル料が有料の場合は、それで元を取っているため無料であることが多いです。


このように、メンテナンスや解約にかかる料金についてはメーカーごとに取り扱いが異なりますので、検討の際にはこの点もチェックしておきましょう。
詳細については、公式ホームページに記載されています。