ウォーターサーバーはさまざまな飲み物に活用できる

ウォーターサーバーはそのまま飲む事もできますがお茶やコーヒーなどの飲み物に利用する事もおすすめです。

緑茶は日本人いとって馴染みがありますが、茶葉や淹れ方によって大きく異なります。

さらに使う水によって味がずいぶんと違ってきます。



緑茶のうまみ成分や渋みのカテキン、カフェインなどは水に左右されやすく、甘味の強い緑茶を折れるためには硬さ低い水の方が良く、比較的硬さが抑えめになっている天然水やRO水は緑茶に適しています。硬さが高い水で緑茶をいれると苦味や渋みがほとんどない口当たりのやわらかな緑茶になりますが、緑茶の特徴となる甘味も失われてしまうためデリケートな緑茶は硬さの低い軟水がおすすめです。

ウォーターサーバーを使ってコーヒーを淹れる場合には軟水か硬水と選ぶ種類によって味が異なります。

コーヒー豆の種類やローストの方法によって味が変わりますが、さらに水によって味が変わります。


一般t系にはコーヒーはRO水のような硬さが極端に少ないもの、蒸留水に近いものが本来のうまみを楽しむ事ができます。

軟水も比較的にコーヒーそのものの味を楽しむ事に適しています。
硬さの高い硬水はカルシウムが豊富に含まれいてコーヒー独特の苦みを抑える事ができますが、マグネシウムが豊富に含まれている硬水を利用すると苦味が目立ちます。



お酒を飲むときにもウォーターサーバーは活用する事ができます。

特に焼酎の水割りやお湯割りには役立ち、種類にもよりますが、基本的には冷水・温水ともに利用する事ができるため、お湯割りを作る時にはわざわざお湯を沸かす手間を省く事ができます。

軟水は甘味を際立てる事ができ、硬水を使うとキレのある辛口に仕上がります。